スラウェシ島産チョコレートのお店「ダリケー(DARI K)」が百貨店に出店中!

インドネシアスラウェシ島、島の形はアルファベットのKの形をしています。

「Kから」という意味の「dari K(ダリケー)」というチョコレートのお店があります。

スラウェシ島産のこだわりのカカオを使用した非常に美味しいチョコレートを販売しています。

写真はスラウェシ島の「蝶の里バンティムルン自然保護区」よりnasigoreng.blog623

バレンタイン商戦で、各百貨店などでダリケーが出店中

ダリケーのチョコは私も非常に気に入っており、当ブログでも過去に何度か記事にしています。
参考リンク
DariK(ダリケー)のカカオニブチョコは大人の味わい
スラウェシ島産チョコレートのお店Dari K(ダリケー)が新宿高島屋に出店

インドネシアは世界第2位のカカオ産出量を誇ります。
しかし、焙煎の技術などが進んでいない事から、インドネシア産のチョコレートというのはそこまでメジャーではありません。
ダリKでは日本では貴重なスラウェシ島産のチョコレートを販売しています。
お店は京都にあるため、普段はあまり購入できないのですが、バレンタイン商戦で各地の百貨店に出店しています。
参考リンク
「【2017年バレンタイン全国出店情報】(ダリケー公式ホームページ)」

ダリケーは「カカオを通じて世界を変える」といった企業理念を持っており、単にチョコレートを販売しているだけではなく、その活動や取り組みが大変興味深いです。
公式ホームページがしっかりと作りこまれており、現地での活動についても詳しく載っていますので見応えがあります。
そして、サロンドショコラで賞を取ったり、インドネシアスラウェシ島の現地ツアーを行ったり、各種メディアに紹介されたりと話題に欠くことがありません。
「ダリケー」今後も注目すべきお店ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.