簡単マルタバのレシピ、作り方

揚げ物天国インドネシア、インドネシアのワルンには揚げ物が沢山並んでいます。
今回はそんな揚げ物の中からマルタバ(Martabak)を作ってみました。

春巻きの皮を用い日本でも簡単に手に入る材料で作っています。
そのため本場の物よりは日本風の仕上がりです。

インドネシアの揚げ物、マルタバ(Martabak)
nasigoreng.blog317

材料(春巻きの皮10枚分)
牛ひき肉…200g
玉ねぎ…1/4~1/2程度(みじん切りにする)
小ねぎ…2~4本程度(刻んでおく)
卵…1個
春巻きの皮…10枚
にんにく…適量
カレー粉…小さじ1程度
コリアンダーパウダー…適量
塩・胡椒…適量
炒め油、揚げ油…適量
サンバル…あれば是非付けて食べたい

今回カレー粉はインディアンカレーの素を使用しました。
辛さの調節がしやすく、インドネシア料理にも便利な一品です。

 

レシピ、作り方
フライパンで炒め油を熱します。
にんにくを炒めて香りを出し、牛ひき肉を加えて炒めます。
牛ひき肉に火が通ったら、玉ねぎ、小ねぎを加えて炒めます。
nasigoreng.blog319

ボウルなどに取って粗熱を取ります。
カレーパウダー、塩こしょうを加え、コリアンダーシードを数振りします。
(塩コショウはしっかりと味付けをするのがおすすめ、好みでカレーやコリアンダーを多くしても良いです。)
nasigoreng.blog311

溶き卵を加えて混ぜ合わせましょう。
nasigoreng.blog312
これが中に入れる具材になります。

お皿に春巻きの皮を広げましょう。
具材を置いて巻いていきます。
(春巻きの皮は2枚を一緒にして巻く方法もあります。)
nasigoreng.blog313
巻いたら皮が開いてしまわないように、水をつけるなどして軽く止めましょう。nasigoreng.blog314

油を熱し、揚げていきます。
本来なら油をたくさん使って、揚げ物のようにするのが良いです。
節約したい場合は、油を敷いて片面ずつ揚げていきましょう。
(それでも結構な量の油を要しますので、不足分は足していきましょう)
nasigoreng.blog315

揚がったマルタバをお皿に取りましょう。
気になるようでしたら、油を切ります。
写真の物は、春巻きの皮2枚重ねの物を3つ作ったので計7枚になっています。
出来たものを半分か1/3サイズに切っても良いです。
nasigoreng.blog316

感想
nasigoreng.blog317
美味しいのですが、結構油っぽいです。
しかし、油の多さからは「これぞインドネシア」という感じもあり、食べていくとサンバルを付けたくなりました。
実際にサンバルを付けると非常に美味しいです。
(ABCのサンバルアスリを使用、小分けの物はちょっとした時に便利です)
nasigoreng.blog318
カレーや塩コショウの下味をしっかりつければ、ご飯のおかずに向きます。
今回ぐらいの味つけだとサンバルをつけて丁度良いくらいになり、おつまみのような仕上がりになりますね。
食べている内にサンバルを欲する味というのが、インドネシアを感じさせてよかったです。

より本格的な仕上がりにしたい場合には、下記の本を参考にすると良いでしょう。

英語の本ですが、こちらもおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.