インドネシア語検定試験C級「使用した参考書」

独学でのインドネシア語検定の対策について、連続で記事にしています。

今回はインドネシア語検定C級対策のために使用した参考書についてです。

インドネシア語が話せるようになると、インドネシアの街歩きがより楽しくなるnasigoreng.blog387

インドネシア語検定C級合格のためには、文法理解に加えて、単語力の強化が一番重要

インドネシア語は文法が比較的簡単です。
そのため、単語力の強化が試験の得点に直結します。
(同様の事は後述する森山式単語帳にも記されています。)
試験の対策にあたっては、単語力の強化と同時に、ドミニクス・バタオネ、近藤由美共著の本を中心に勉強しました。
ドミニクス・バタオネ氏はインドネシア語検定を主催しているINJの代表です。
その本を対策に使うのが、合格への近道でしょう。
(実際に後述2の例文からと同じような文章が過去問で出題されていました。)

1、CD付きインドネシア語が面白いほど身につく本
私がインドネシア語に初めて触れた時に使用した本です。
何度か改定されているようです。(私の持っている本は古い版です)
非常に分かりやすい内容です。
超基本レベルです。(E級~D級の触り程度)
付属CDの内容を聞きながら通勤・通学すればインドネシア語の基本的な会話は分かるようになります。
インドネシア語検定対策というよりは、インドネシア語の初歩を学ぶために良い一冊と言えます。
C級対策としては、ここに載っている表現や単語は基本なので全て覚えましょう。

2、らくらくインドネシア語初級(CD付)
インドネシア語検定協会(INJ)でおすすめされている本。
そのため、必須と言えるでしょう。
D・E級対策にと紹介されていますが、この本でもC級まで行ける気がします。
さて、この本は各章で「文章(会話文or長文読解)」+「文章内の文法解説」+「練習問題」という構成になっています。
序盤の章は簡単なのですが、中盤位から急激に難しくなり後半は読み進めるのも非常に困難になります。
理由として、中盤頃から新しい単語が急増してくるため、理解が追い付かなくなります。
文法の解説は、よく言えば「コンパクトにまとまっている」、悪く言えば「解説不足」です。
文法には例文があってありがたいのですが、ここでも新しい単語が何の脈絡もなしに大量に出てくるので、読解が困難です。
練習問題もあるものの、全く学習していない単語が出てくるため解くのが困難で、さらに解答はありますが解説はありません。

この本の勉強法としては、大体以下のような感じが良いでしょうか。
1、まずざっと読んで大意を把握する。
その際、例文や練習問題などは省き、和訳を見つつ長文を読むのと、文法の解説を読み文法の骨格を理解する。
2、最初から読み直して、もう一度大意を把握(1の繰り返し)
並行して他の単語帳で単語力を強化する。
3、例文なども読みつつ読み直す
4、例文中の単語の意味も覚える
他の単語帳も並行して単語力を上げていくと、この本の文章もすらすら読めるようになります。
最初は難解に感じた長文も、後になるとすらすら読めるようになり、実は非常に簡単な文章だったことに気が付くはずです。

3、CDエクスプレス インドネシア語
「2のらくらくインドネシア語初級(CD付)」だけでは文法理解が難しかったため、参考書を探していたところ見つけた本です。
インドネシア語の語幹や文法の解説が詳しく、入門書としては2よりもこちらの方が断然良いと思われます。
ただ、この本だけではC級には届かない気がしますので、2も必要です。
この本でなくても、2の本と並行して文法の解説が詳しい本を読み進めると良いでしょう。

4、森山式インドネシア語単語頻度順3535
インドネシア語の単語帳です。
インドネシア語の単語帳は数多くあるものの、C級以上まで対応できる単語帳は恐らくこれしかありません。
発音記号が無いのとCDが無い事が若干の欠点です。
特徴として、本の中で初級、中級、上級にレベル分けされています。
例文付きですが、最初は例文の読解が困難です。
ただ、単語力が上昇してくると例文も簡単に読めるようになります。
例文内の単語の意味も合わせて覚えていくと良いです。
一方で、例文が無く単語のみがぱっと出てくるケースもあります。
その場合は、単純に単語を暗記するしかありません。
私はC級の対策として、初級と中級までを勉強しました。
(上級までは出来ませんでした)
試験時の最終的な理解度は、初級単語95%程度、中級単語80%程度でしょうか。

5、過去問
内容は前回記事にしています。
E級、D級、C級が各2年分ずつ収録されています。
私は試験までにD級を各1回ずつ、Cは各2回ずつ繰り返して解きました。

6、インドネシア語のテレビ、現地の滞在
他に趣味としてインドネシア語のテレビをよく見ていたのと、インドネシアにそれなりに出かけていたので、結果的にこれらも対策にはなったのかと思います。

インドネシア語の参考書は他にも数多くあります。
特に文法に関しては、もっと良い参考書があると思われます。
今回の記事が試験対策の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.