無印良品のナシゴレンの素がより本格的にリニューアル!その詳細は?

無印良品からナシゴレンの素が発売されています。
先日、無印良品で久し振りにナシゴレンの素を見てみると、袋の記述が変化していたことに気が付きました。
いつの間にかリニューアルしていたようです、詳細を確かめなければいけませんね。

「無印良品 炒めごはんの素 ナシゴレン FRIED RICE NASHI GORENG」
nasigoreng.blog150

この無印良品のナシゴレンの素は、旧ナシゴレン研究家のブログでもご紹介していました。
無難な味わいに仕上がっている使い勝手の良いナシゴレンの素です。

今回リニューアルされた個所を見ていきましょう。

①前面の表記にカピが加わった
以前:ナンプラーで仕上げた…
今回:カピやナンプラーで仕上げた…
この表記を見て、無印良品のナシゴレンの素はより本格的になったと感じる方は多いでしょう。
カピとはインドネシアで言うトラシに当たります。
(トラシ=発酵エビペースト、独特のとにかく強い臭みがあるものの非常においしい)
トラシはクサヤ以上に臭いので、トラシを使った料理を作るのは私も若干勇気がいるのですが、とにかくトラシの旨みは非常に強いです。
ナシゴレンからナシゴレントラシに変化したと考えると、これは大きな変化です。

②裏面の調理法の記述が若干簡素化
以前は、ピーマンなどを入れるとより彩りが鮮やかになるといった記述がありました。今回はそれが無くなりました。
作り方としては、お米を炒めてこのナシゴレンの素を入れるだけになっています。
このナシゴレンの素のみの味で勝負という事でしょうか?
(もちろん具を加えるのは自由です。)
カピの説明が加わったので、スペースの関係上かもしれません。

③値上がり
1袋210円から250円に値上がりしました。
無印良品に限らず、食料品全般が値上がり傾向ですので、仕方がないとも言えますね。
単なる値上のみではなく、カピが新たに加わったので良しとしましょう。

次回、実際にこの無印良品のナシゴレンの素を使ったナシゴレンを記事にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.