インドネシアフェスティバルのフードでは、アニ&イバンが本場の味で非常に美味しい!

日比谷公園で行われたフェスティバルインドネシア2018に参加してきました。
非常に規模の大きく楽しめたイベントでした。

実際に参加するまでフードのお店の内容が謎でしたが、参加してみるとチャベ、南風、チンタジャワカフェなどお馴染みのお店が多く出店していました。

そんな中で私の目を引いたのは、やはり他でもないアニ&イバン(ANI&IVAN、アニ&イヴァン)です。

nasigoreng.blog704
撮影、掲載許可を頂いています。

ANI&IVANは以前のインドネシアフェスティバル2015の引き続き、今回もとにかく美味しい現地のスマトラ料理が味わえた。

今回はアニ&イヴァンで頂いたのは、
ルンダン(Rendang sapi、牛肉のココナッツミルク煮込み)や
エスダウェット(Es Dawet、ココナッツミルク入りジュース)などです。

どちらも正に現地の味、文句のつけようがないインドネシア本場の味でした!

ルンダンと言えば、渋谷のアユンテラスのルンダンなども非常に美味しいのですが、アニ&イヴァンのルンダンとは系統が違います。
アニ&イヴァンのルンダンの方が、現地を彷彿とさせる美味しさがあります。
例えばスマトラ島パダンで現地のパダン料理のルンダンを口にしたことのある方なら、「正にこの味!」と言いたくなる味です!!
ルンダンは以前世界で一番おいしい料理にも選ばれたことがあり、アニ&イヴァンのルンダンを口にすれば、それも納得できると思います。
少なくとも私が今まで日本のインドネシア料理店で食べたルンダンの中では、こちらのアニ&イヴァンのルンダンが一番好みです。

アニアンドイバンは以前に代々木公園のインドネシアフェスティバル2015でも出店しています。
参考リンク「スマトラ家庭料理アニ&イヴァンのソトアヤムメダンが絶品だった!」

よくよく見てみると、今回は看板が変わっており、スマトラ家庭料理からインドネシア家庭料理になっていますね。
メニューもよく見ると、ルンダンはパダン風ドライカレーと表記されています。
インドネシア家庭料理と銘打っていても実際はパダン料理やスマトラ料理系統のようです。

今後インドネシアフェスティバルなどのイベントでの出店も是非期待しましょう。
本場のインドネシア料理を食べたい方は、アニ&イヴァンで食べれば間違いはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.