インドネシアのお土産の定番、レイヤーケーキ

インドネシアの無難なお土産の定番品の一つ、レイヤーケーキをご紹介します。
今回ご紹介するのは、Monicaのレイヤーケーキ「Lapis Legit Coklat」です。

Monica「Lapis Legit Coklat」(Chocolate layer cake)
nasigoreng.blog121

レイヤーケーキとは、その名の通り層になっているケーキの事です。
バウムクーヘンなどをイメージしていただけると分かりやすいです。
良いことが重なる事を願い、現地ではお祝い事などで食される機会が多いと聞きます。

このmonicaのレイヤーケーキは空港で購入したものです。
そのため、正にお土産用というイメージですね。
値段は確か日本円換算で400~500円ほどだったと記憶しています。

coklatはココアの意味です。
味はややスパイシーです。
「甘さ」が前面に出るのではなく。チョコ感がほんのりと出ていました。
日本のバームクーヘンほど甘くはなく、スパイシーさがあるのでアジア感を感じられます。
日本にはあまりない「現地感」を感じられる良いお土産です。

以前「旧ナシゴレン研究家のブログ」で「パンダンリーフのレイヤーケーキ」をご紹介していますが、このチョコ味のレイヤーケーキも悪くありませんでした。
空港で購入できますので、正にお土産としてお勧めできます。

中は密封されています。
nasigoreng.blog122
インドネシアの商品は密封が甘いことが多いですが、この商品はちゃんと密封されていました。さすが空港で売られているお土産用だけのことはありました。

切ると層になっています。
nasigoreng.blog123
レイヤーケーキで、日本にいながらインドネシアの味を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.