MORISCAのレイヤーケーキ ドリアン風味

当ブログで度々取り上げているのが、インドネシアのレイヤーケーキ(ラピスルギ)です。
今回は、玄人向けのレイヤーケーキであるモリスカのドリアン風味レイヤーケーキをご紹介します。

MORISCA LAPIS LEGIT (SPEKKOEK) DURIANnasigoreng.blog366


購入場所
今回は、現地ではなく日本のインドネシア食材店で購入しています。
そのため、原材料の日本語表記のシールが貼られていました。
原材料の日本語表記に「果汁」とあるものが、英語やインドネシア語表記では、きちんとDurianと表記されていました。
つまり、ドリアン果汁を使用しているという事ですね。
(通販でも普通のレイヤーケーキが買えますが、割高です。)

ドリアンレイヤーケーキ、感想
封を切るとわずかにドリアン風味が香りました。
現地のドリアン飴やドリアンパンなどと比べると匂いは弱いです。
(ドリアン飴は臭いが強烈です。)
食べると、確かにドリアン臭いです。
それ程強烈ではないものの、(語弊があるかもしれませんが)卵の腐ったような臭いが徐々に効いてきます。
そして、臭いは口の中に蓄積していきます。
食べているうちに臭いには慣れてくるのですが、逆になれてしまうのには注意が必要とも言えるでしょう。
ゆっくり味わうよりは、一気に食べる方が良いと思われます。
総合的な感想としては、ドリアン大好き人間なら良いかもしれませんが、レイヤーケーキを買うなら他の味を選んだ方が無難な気がします。
ドリアンというものに興味があり、ドリアンを食べる前の練習として購入してみるのは有りですね。

開封と保管
余談ですが、箱を開ける前から臭い感じがしました。
しかし、これは私の思い込みです。
インドネシア製品は開封前から臭いが漏れているものが多く、先入観からの思い込みでしょうね。
このモリスカのドリアンレイヤーケーキの密封度は高く、封を切る前は臭いは漏れていないと思われます。
(包装はきちんとされている)
nasigoreng.blog367

臭い対策に、開封後は密閉容器に入れると良いでしょう。nasigoreng.blog368

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.