「星のや」がバリに進出、星のや流のサービスとは?

高級ホテルなどを手掛ける星野リゾートがバリに進出し、「星のや バリ」が2017ン年1月20日にオープンしました。

先日テレビ東京系のニュース番組「WBS」で放送されており、オープンした事を知りました。

こちらの星のやバリについては以前より話題になっており、WBSの放送前にも何度かテレビで特集されていたのを見た事があります。

バリ島の道路風景より
nasigoreng.blog298

「星のやバリ」の特徴の一つに、日本旅館の手法を取り入れ、従業員一人ひとりが様々な役割をこなす事がある

星のやバリは、バリ島のウブドに位置します。
ビーチリゾートの印象が強いバリ島ですが、ウブドは芸術の街として知られ、高原の避暑地になります。
星のやバリは3haの敷地内に3つのプールがあり、それらには全てのヴィラから直接入る事が出来るそうです。
ヴィラはバリ彫刻などを取り入れたバリ文化を満喫できるリゾートとなっています。
星のやは今後3~5年程度の間に数件は海外展開していく計画のようです。

以前に何かの番組で、星のやバリの従業員研修が特集されていました。
一般に外国のホテルでは、従業員はその役割が固定されています。
例えば掃除係は掃除をするのみであり、接客など他の役割はしません。
この理由としては、個人の責任と役割が明確になっている事があります。
また、他の係の仕事を奪ってはいけないという考えが背景にある事もあります。

しかし、星のやバリでは、日本旅館のように従業員一人一人が様々な役割をこなします。
「お客様の要望を聞く」というのは一般的にある事ですが、星のやでは「要望に応える」ではなく一歩進んで「お客様に喜んでもらえるような事を自分たちから提供していく」というスタンスを取り差別化していると聞きます。
その独自のサービスが好評であり、そのために従業員研修を徹底しているようです。
番組では「最初は戸惑いや大変さもあったが、自分で工夫していく事にやりがいを感じられる」といった従業員の声も紹介されていました。
参考リンク「星のやバリ(公式ホームページ)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.