東京駅一番街スプーンスタイルの「バリごはん」

東京駅八重洲口直結の地下街が東京駅一番街です。

その東京一番街のレストラン街を歩いていると、大きく「バリごはん」と書かれた看板が目に留まります。

今回はそのお店、スプーンスタイルのバリ飯をご紹介します。

CAFE&ごはんスプーンスタイルのバリごはんnasigoreng.blog642

挽き肉、のり、レタスのご飯にサンバルアスリで食べるバリご飯

こちらのスプーンスタイルのバリご飯、説明には「究極のカフェご飯」とありましたが確かにそんな感じです。
特にバリやインドネシア感満載という訳ではなく、普通にひき肉とレタスのご飯です。
セットでわかめスープが付きます。
東京駅という場所柄もあり、さっと食べるのに非常に良いです。

このバリごはん、お好みでサンバルアスリ(唐辛子ソース)をつけて食べます。
ABCのサンバルアスリが卓上にあり、自由に足せるようになっています。
ABCのサンバルアスリはインドネシアでも一般的に使われている調味料です。
日本の食堂で言う所のキッコーマンの醤油のようなものでしょうか。
インドネシア現地の食堂でも、ABCのサンバルアスリやケチャップマニスなどはよく置かれています。
写真はインドネシア現地のナシゴレンとABCのケチャップマニス、サンバルアスリ
nasigoreng.blog643

私はインドネシア料理に比べてバリ料理についてはそこまで詳しくないため、このような「バリご飯」がバリで一般的に食べられているのかはよく分かりません。
他の特徴として、ドリンクメニューにライチジュースやパッションフルーツジュースなどもありました。
公式サイトはこちらです。「CAFE&ごはんスプーンスタイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.