「警視庁ナシゴレン課」が放送開始!本場のナシゴレンはインドネシア料理店で味わうと良い

テレビ朝日で新番組「警視庁ナシゴレン課」が10月17日より放送開始になります。

参考リンク、番組公式ホームページ「警視庁ナシゴレン課

私もこの番組に期待しています。

インドネシアで食べるナシゴレンは絶品!nasigoreng.blog514

警視庁ナシゴレン課の放送により、ナシゴレンの認知度が上がる事が期待される

インドネシア語で「ナシ=ご飯、ゴレン=炒める」の意味であり、ナシゴレンはインドネシアのチャーハンを指します。
ナシゴレンは少しずつですが、日本に広まってきました。
ナシゴレンがメニューにあるカフェなども少しずつ増えてきました。
しかし、「そもそもナシゴレンって何?」と言う方、「ナシゴレンって名前だけは聞いたことはあるけどよく分からない」という方などは、まだまだ多いです。
ナシゴレンを実際に食べた事がある方はまだどちらかと言えば少数であり、現地の本場のナシゴレンを食べたことのある方はさらに少なくなります。

ナシゴレンが日本に広まったきっかけはコンビニから?

ナシゴレンが日本に広まる事になったきっかけはコンビニだと言われます。
その昔、確かファミリーマートがエスニック料理のシリーズとしてナシゴレンを出し、それがヒットしたことで「ナシゴレン」が世間に認知されるようになったようです。
(ファミリーマートと言うのは、私の記憶違いの可能性もあります)

警視庁ナシゴレン課により、ナシゴレンをはじめとしたインドネシア料理が広まるきっかけになる?

今回の警視庁ナシゴレン課により、ナシゴレンの認知度が上がる事が期待されます。
エスニック料理と言うと、「辛い」「匂いがきつい」と言った印象がありますが、インドネシア料理は東南アジアの料理の中でも、日本人の舌に合う味の物が多いです。
本場のナシゴレンは毎日食べても食べ飽きないような旨みがあります。
世界一美味しい料理にも選ばれたルンダンサピ(牛肉のココナッツ煮込み)は、ただ辛いようなココナッツカレーとは一線を画す旨みが溢れた料理です。
ココナッツチキンカレーなどはそれなりに流行っていますので、ルンダンも認知度さえ上がれば人気が出るのは間違いありません。

警視庁ナシゴレン課によって新しくナシゴレンに興味が出た方は、是非本場の現地の味のナシゴレンを味わってみることをお勧めします。
日本にもインドネシア料理店があります。
カフェやエスニック料理店のナシゴレンは、美味しいものもある一方で、それなりの味の物があるのも事実です。
そうではなく、インドネシア料理店でナシゴレンを食べるのが良いでしょう。
私が本場のナシゴレンに感動したように、本場の味のナシゴレンはきっと感動するほど美味しいはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.