原宿のエスニック料理店、チャオバンブーのサンバルチャーハン

原宿にあるアジアタイ料理店、チャオバンブー(Ciao bamboo)でサンバルチャーハンを頂きました。

チャオバンブーは現地屋台の雰囲気が本格的なお店で、以前にはナシゴレンを頂いています。
参考リンク「原宿のアジア料理店、チャオバンブーのナシゴレン

原宿や明治神宮前、表参道から近くの立地にしており、近くには姉妹店のチャオチャオバンブーもあります。

チャオバンブーのサンバルチャーハン(Fried rice with homemade sambal )
nasigoreng.blog482

ナシゴレンとサンバルチャーハンの違いは何か?

私が以前にチャオバンブーを訪れた時、メニューに「ナシゴレン」と「サンバルチャーハン」があり、その違いが疑問でした。
何故なら、ナシゴレンもインドネシア風炒飯でもあるからです。
しかし今回サンバルチャーハンを口にしてみて、なるほどと違いが分かりました。
確かに「ナシゴレンはナシゴレン」、「サンバルチャーハンはサンバルチャーハン」でした。
両者には明確な違いがありました。
ナシゴレンは具が鶏肉でしたが、一方でサンバルチャーハンは焼豚を使用していました。
イスラム教徒が多いインドネシアでは、ナシゴレンに豚肉を使用することはほぼありません。(一部の華僑系のお店で扱われる事などはある。)
確かにサンバルチャーハンは、ナシゴレンとは異なりますね。

サンバルチャーハンは確かにチャーハン+サンバルで味も中々美味しい

サンバルチャーハンの具は青菜やレタス、ピーマンなどに加えて焼豚が入っており、いわゆる普通のチャーハンです。
そのチャーハンにサンバルで味付けをした仕上がりになっていました。
メニューに辛さ控えめとの表記もあり、辛いものの辛すぎない良いバランスで仕上がっています。(でも辛いは辛いです)
こちらのナシゴレンはこってり系だったものの、サンバルチャーハンはそこまでこってり系ではありません。

お店の雰囲気も現地風で良いので、それも合わせて楽しめる名店です。
参考リンク「チャオバンブー(Ciao! Bamboo)(食べログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.