マレーアジアンクイジーンのナシゴレンは本場の味!

渋谷にあるマレーシア料理店「マレーアジアンクイジーン(Malay Asian Cuisine )」を訪れました。

公式サイト「渋谷と横浜のマレーシア料理店「マレーアジアンクイジーン」」

場所は渋谷駅徒歩圏、国連大学のあたりです。

こちらのナシゴレン、結論から言うと非常に美味しく文句なしにお勧めです!

マレーアジアンキュイジーンのナシゴレンカンポン(Nasi Goreng Kampung)
nasigoreng.blog713

マレーシア風の辛口ナシゴレンは非常に美味しい現地の味!

マレーシア料理とインドネシア料理はよく似ています。

もちろん違いはありますが、大まかには似た料理です。

ナシゴレンカンポン(Nasi Goreng Kampung)はメニューにも説明があり、カンポンスタイルとはイカンビリス(煮干し)の入ったナシゴレンです。

インドネシアではあまり口にしない類いのナシゴレンであり、マレー系のナシゴレンと言えるのでしょう。

さて、気になる味ですが、とにかく美味しい!につきます。

味は辛いです、しかし辛いだけではなく美味しい!

「辛い+美味しい」正にこれが現地の本場のナシゴレンです。

ナシゴレンカンポン、表現が難しいですが、日本で言えば「田舎風ナシゴレン」「昔ながらのナシゴレン」「故郷のナシゴレン」などのイメージでしょうか。

カンポンの概念については、当ブログでも以前に記事にしています。

参考リンク
「「カンポンの世界 ジャワの庶民住居誌」を読む」
「「カンポンの世界 ジャワの庶民住居誌」を読む2」

今回頂いたナシゴレンカンポン以外にも、オムライス風ナシゴレン「ナシパタヤNasi Pataya」など魅力的なメニューが沢山です。

ナシゴレンに限らず、他の本場のマレー料理も味わいたいですね。

是非再訪したい名店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.