東京 日比谷シャンテ マンハッタンエクスプレスのナシゴレンセット

東京日比谷にある日比谷シャンテB1Fのカフェ、「マンハッタンエクスプレス」にてナシゴレンを頂きました。

ナシゴレンセット(サラダ、ドリンク、デザート付)nasigoreng.blog230

日比谷シャンテはその名の通り東京の日比谷にあります。
場所としては帝国ホテルや皇居などの近くになります。
この日比谷シャンテのB1Fにあるのが、カフェ「マンハッタンエクスプレス」
お店のメニューにはピラフセットとして5種類ほどのピラフがあり、その内の一つとしてナシゴレンがあります。
ピラフセットのPOPには「超美味です」と書かれていました。
ナシゴレン単品もあるようですが、折角でしたのでお得なセットにしました。

ナシゴレンが届くと香りがまず良いです。
一口食べた印象は「チャーハンっぽいナシゴレン」です。
炒めている感がしっかりと感じられます。
ナシゴレン=チャーハンでもあるので、これは変な事ではありません。
(nasi=お米、goreng=炒める、nasi goreng=炒飯)
それと同時にピラフっぽくもあり、ピラフをナシゴレンにアレンジした「ナシゴレン風ピラフ」といった感じも強いです。
このナシゴレンは、ピラフ好きの人ならきっと好むはずです。
具は海老や卵や若干のピーマンで、半熟卵と一緒に食べるのもよく合います。
カフェのナシゴレンにはナンプラー感が強いものもありますが、それとは異なる感じでした。旨みはしっかりとあり、辛みも若干で程よく「超美味です」のPOPも偽りではありません。

インドネシア現地の本場のナシゴレンは毎日のように食べても食べ飽きないのですが、このナシゴレンもそれに似て食べ飽きない感じがしました。
こてこての現地風の味ではないものの、このナシゴレンは普通におすすめできますね。
コスパもよく、カフェとしての居心地もよく、おすすめできるお店です。

日比谷シャンテのお店の紹介ページは「こちら」です。
また、日比谷シャンテにはB2Fにもナシゴレンを食べられるお店があります。
そちらもよろしければご覧ください。「旧ナシゴレン研究家のブログ、日比谷シャンテ パパイヤリーフのナシゴレンランチ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.