六本木「ミーバッソ(MIE BAKSO)」のナシゴレン

前回に引き続き、六本木にある本場インドネシア屋台料理ミー・バッソ専門店「ミーバッソ(MIE BAKSO)」についてです。

参考記事「六本木「ミーバッソ(MIE BAKSO)」は普通においしいラーメン屋さんと考えると分かりやすい

今回ご紹介するのは、こちらの六本木「ミーバッソ」で食べるナシゴレンです。

六本木「ミーバッソ」のナシゴレン、小鉢になっている
nasigoreng.blog555

ナシゴレンは、ミーバッソのオプションとして必ず一緒に食べたい

お店の名前が示す通り、六本木「ミーバッソ」はミーバッソ(ラーメン)がメインのお店です。
しかし、オプションとしてナシゴレンを付ける事ができます。
これは非常に嬉しい点です。
私もこちらの六本木「ミーバッソ」を訪れた時にはナシゴレンが食べられるとは思っていませんでしたので、嬉しい誤算でした。
日本食で言えば、そばやうどんと一緒に、稲荷ずしや炊き込みご飯を食べるようなイメージです。
ラーメンライスのライスがナシゴレンになっていると考えても分かりやすいですね。

それでは、ナシゴレンの感想です。
海老や肉などの具材も多く、丁寧な作りのナシゴレンです。
味は薄味ですが、旨みはしっかりとありました。
ナシゴレンそのものの味でもいいですが、調味料を足すのがおすすめです。
こちらのナシゴレンもミーバッソ同様に卓上の調味料が活きてきます。
卓上にはサンバル、ココナッツオイルをベースにしたオリジナルソース、フライドシャロットなどがあります。
nasigoreng.blog554
これらの調味料を加えると一気に現地風のナシゴレンに近づきます。
慣れない方は少しずつ加えてみると良いでしょう。
まずはフライドオニオンを試してみて、次に「サンバル少量とオリジナルソースを混ぜた物」を加えるのが良い気がします。(サンバルは辛いため少量からがおすすめ)
ナシゴレンの味が薄味なので味の調節がしやすく、旨みがしっかりとあるため調味料を加える事で「辛さ+風味+旨み」を全て味わえます。
サンバルをベースにした味付けになるとインドネシア感が出てきます。
オプションのナシゴレンではありましたが、非常に満足度が高かったです。
ミーバッソで食事をする際には、こちらのナシゴレンも必ず頼むべき一品と言えます。
参考リンク「ミーバッソ公式ホームページ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.