「まるごとインドネシアep4」ジャカルタの歴史文化のルーツを紹介

ディスカバリーチャンネルで放送されていたインドネシア紹介番組が「まるごとインドネシア(英語名wondernesia)」です(2016年4月で放送終了)

3人のブロガー(ダイアナDIANA、ルークLUKE、メイMAE)が、インドネシアの各地を訪れて紹介していきます。

第4話はインドネシアの首都ジャカルタでした。

ジャカルタ北部のコタ駅(STASIUN JAKARTA KOTA)
nasigoreng.blog462

ジャカルタのオランダ統治時代の文化などを体験する

今回は第4話を振り返ってみます。
毎回の事ですが、この番組は事前の下調べがよくされています。
スタッフはかなりの労力をかけている事でしょう。
3人のブロガーはイベントに参加したり、簡単には参加できないのような体験をどんどんしています。
最近他のメディアなどでも紹介されるようになったパサールサンタも取り上げられていました。

まるごとインドネシアep4内容まとめ、料理ではカレドック(Karedok)の作り方も少し登場

カーフリーデーであり、歩行者天国となっている街歩きからスタート
この日はジャカルタの常である渋滞もない。
伝統人形オンデルオンデルに入る。
オンデルオンデルは竹の枠組みでできている。
道路で凧あげをして遊ぶが、これはカーフリーデーならではの事。

・ルーク
世界遺産の登録を目指す旧市街を訪れる
年季の入った船、カラフルな船が多数のスンダクラパ港(Sunda kerapa)を訪問。
オランダ統治時代のスパイス貿易が盛んだった地でもある。
コタトゥア地区を訪れる。
インドネシアのオランダ統治の始まりの地でもあり、今は観光地になっている。
(ちなみにコタトゥアとは「コタkota=市、トゥアtua=古い」 の意味)

・メイ
有名ファッションブロガーソニアエリカ(Sonia Eryka)と服の高級店を巡る。
服はインドネシア製だが品質も良い。
(インドネシアでは市場などで売られている衣類は質もピンキリですが、高級店ではさすがに高品質な物が売られています。値段も日本の高級店並みです。)
シルバーアクセサリーの製作体験をする。
パサールサンタは若手デザイナーを支えている。

・ダイアナ
インドネシア料理へのオランダ統治の影響を学ぶ。
現地の高級レストラン、クンストリング(Tugu Kunstkring Paleis)を訪れる。
美術品などが多数あり、初代大統領スカルノの「スカルノルーム」もある伝統が残るレストラン。
小皿が並ぶオランダ風インドネシアディナー、ライスターフィルを体験する。

生野菜のピーナツソースがけ料理「カレドック(Karedok)」を作る

カレドックに用いたサンバルソースは下記の材料を石臼ですり潰していた
・ピーナッツ
・トラシ
・バワンメラ
・ガーリック
・ヤシ糖
・唐辛子
このピーナッツソース(サンバルソース)を生野菜にかけて食べる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.