成城石井シンガポール風10種スパイスのチキンカレーは、「正にこれは現地風だ!」と思い起こさせる本格的な現地風ココナッツチキンカレー!

成城石井シンガポールフェア第2弾で販売されている、シンガポール風チキンカレーが素晴らしかったのでご紹介します。

シンガポール料理≒マレーシア料理≒インドネシア料理であり、私も成城石井のシンガポールフェアを非常に満喫しています。

成城石井 シンガポール風10種スパイスのチキンカレー
参考価格:税込約600円程度
nasigoreng.blog733

加熱すると広がる香りが、正に現地を思い起こさせる

こちらのシンガポール風チキンカレーは、レンジ加熱の商品になっています。

上段がカレー、下段がお米(日本米)になっています。nasigoreng.blog734

加熱したときの香りが素晴らしく、現地のカレーやルンダンを彷彿とさせ、懐かしくさえ思いました。
香りというのは、人間の記憶と密接に結びついており、現地に行ったことのある方なら、この香りだけで現地を思い出すことが間違いありません。

さて、味の方はルンダンとは違いましたが、しっかりと現地風のココナッツチキンカレーです。普通のインドネシアレストランで食べられる現地風のカレーのレベルに近いです!
それがこんなに手軽に食べられることには感動ですね!

タイ風のココナッツカレーやグリーンカレーとは異なる、マレー風のココナッツチキンカレーです。
旨みのあるココナッツとクリームと香辛料で、この商品単独のレトルトカレーがほしくなるくらいです。

クリーム感が強く、粘性が高いタイプの商品になっています。
(現地には、もっと水分の高いタイプのカレーもあります。)

鶏肉などの具がしっかりと大き目で入っている事も特徴で、今回も成城石井の丁寧な仕事ぶり、良い意味でのこだわりが感じられました。

シンガポールフェア第2弾の売れ行き次第では、今回の商品も定番化するかもしれません。
期待したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.