カテゴリー別アーカイブ: スラウェシ島

「まるごとインドネシアep10」ではスラウェシ島タナトラジャなどが放送

以前放送されていたインドネシア紹介番組が「まるごとインドネシア」です(英語名wondernesia、現在は放送終了)

この番組が中々面白かったため、当ブログでは放送を見返して感想を記事にしています。

第10話ではスラウェシ島が紹介されました。

スラウェシ島タナトラジャのケテケス村、くり抜かれた壁に死者を模したタウタウ人形が並ぶ
nasigoreng.blog539

スラウェシ島南部のボントバハリ村(BONTO BAHARI)やタナトラジャ(TANA TORAJA)などが紹介

続きを読む 「まるごとインドネシアep10」ではスラウェシ島タナトラジャなどが放送

インドネシアスラウェシ島、タナトラジャでコウモリを観察する

今回はインドネシア現地の情報についてです。

多様性の国インドネシア、インドネシア現地の絶景や文化も人気ですが、それ以外にも色々な物が見られます。

スラウェシ島タナトラジャには、トンコナン(バヌア)と呼ばれる独自の住居建築が残る
nasigoreng.blog535

スラウェシ島ではコウモリを食べる習慣もある

続きを読む インドネシアスラウェシ島、タナトラジャでコウモリを観察する

スラウェシ島の山には登りたくなる魅力がある

「前回の記事、インドネシアの山登り」の本を読んでもう一つ思ったことが、スラウェシ島の山についてです。

スラウェシ島についての早稲田大学探検部の記事を読んだことがあり、とても共感したことを思い出しました。

スラウェシ島を歩いていると、山の魅力に気づく
写真はスラウェシ島中部の山々
この際同行していたガイドによれば、この写真の山々も登れるらしい
nasigoreng.blog447

続きを読む スラウェシ島の山には登りたくなる魅力がある

「熱帯アジアの海を歩く」からインドネシアの生活の一場面を読み知る

成山堂書店、べルソーブックス006(社)日本水産学会監修、北窓時男著「熱帯アジアの海を歩く」を読みました。

インドネシアでは「水産」に注目してみるのも面白い。
写真はスマトラ島中部マニンジャウ湖、ここでも養殖や式網漁が見られる
nasigoreng.blog297

続きを読む 「熱帯アジアの海を歩く」からインドネシアの生活の一場面を読み知る

DariK(ダリケー)のカカオニブチョコは大人の味わい

私のお気に入りのお店「Dari K(ダリケー)」のカカオニブチョコをご紹介します。
関東では通販で購入するか、イベント時に購入できます。
(Dari Kは関西のお店です。)

Dari Kのカカオニブチョコ
中身も良質ですが、おしゃれな容器も良い
nasigoreng.blog299

続きを読む DariK(ダリケー)のカカオニブチョコは大人の味わい