多様性の国インドネシアでは、インドネシア語はローカル言語ではなく、第2の共通言語(インドネシアいろいろ8)

インドネシア語は世界一簡単な言語と言われます。

それには理由があります。

私が思う一番の理由は、インドネシア語がインドネシア人の中でもいわゆる第二外国語にあたるからでしょう。

簡単に身につくようでなければ、インドネシアが国家として成り立ちません。

インドネシア語の看板
nasigoreng.blog506

インドネシアの子供にはインドネシア語が通じない事もあった。

続きを読む 多様性の国インドネシアでは、インドネシア語はローカル言語ではなく、第2の共通言語(インドネシアいろいろ8)

アフリカまで行かずとも南スマトラをトレッキングする(インドネシアいろいろ7)

私はガルーダインドネシアの機内誌を読むのが好きでした。

その機内誌にはインドネシアの観光地が紹介されていました。

観光地といっても、日本では全く聞いたことがないような場所が沢山です。

その中で今でも覚えているのが、南スマトラについて書かれた記事です。

(今はどうか分かりませんが、以前は機内誌はガルーダインドネシアのweb上からもバックナンバーを読む事ができました。)

スマトラの火口湖は美しい
nasigoreng.blog648

アフリカよりも南スマトラをトレッキングした方が満足度が高い。

続きを読む アフリカまで行かずとも南スマトラをトレッキングする(インドネシアいろいろ7)

インドネシアの魅力の一つは山(インドネシアいろいろ6)

私は登山をします。

登山をする者にとって、インドネシアの山は非常に奥深く、力強く、かつルートや山自体がほぼ数え切れないほどあるため、非常に魅力的です。

日本の山とは比較がし辛いですが、敢えて言うならば巨大火山からできたインドネシアの山々は、日本の九州の風景に近い気がします。

インドネシアの山
nasigoreng.blog615

インドネシアの力強い山を登る

続きを読む インドネシアの魅力の一つは山(インドネシアいろいろ6)

インドネシアの長距離列車を途中下車して見た風景が、インドネシアに何度も行くきっかけになった(インドネシアいろいろ5)

私はインドネシアでジャカルタからジョグジャカルタまでを結ぶ長距離列車に乗りました。

確か、費用は1500~2000円程で、所要時間は8~12時間程度だったと思います。
実際にはその電車にはジャカルタから乗ったのではなく、バンドゥン辺りから乗ったのかもしれません。

インドネシアには歩いてみたくなる風景がある。
nasigoreng.blog424

長距離列車で途中下車をして見た風景は、正に絶景だった。

続きを読む インドネシアの長距離列車を途中下車して見た風景が、インドネシアに何度も行くきっかけになった(インドネシアいろいろ5)

インドネシア人はインドネシアの魅力だが、インドネシアの魅力はそれではないと思う。(私とインドネシア、インドネシアいろいろ4)

インドネシア人は概して適当な感じです。

非常に緩い感じです。

そして、基本的に親日なので、接していて嫌な思いをする事も少ないでしょう。

日本で忙しい中にいると、インドネシアの適当さや緩さは非常に心地よいです。

インドネシアフェスティバルより
実際のインドネシアでこのような人達に会う事はほぼありません。
こういった人達は特別です。
nasigoreng.blog242

インドネシアの魅力は人より、他の要素だと思う

続きを読む インドネシア人はインドネシアの魅力だが、インドネシアの魅力はそれではないと思う。(私とインドネシア、インドネシアいろいろ4)